タイ古式マッサージの効果

自然治癒力を回復させる

タイ古式では、身体の不調は身体を巡るエネルギーの滞りによるものであると考えられています。本来、エネルギーのめぐりが滞りなく流れているときには、身体は健康な状態にあります。いわゆる自然治癒力がしっかりと働いて、私たちの身体を正常に機能させていきます。そのシステムは、想像以上に完璧なものですが、過度のストレスやそれに伴う自律神経の障害によって、身体のバランスが崩れ、自然治癒力が正常に機能しない「病気」になってしまうのです。タイ古式では、エネルギーの流れを正常にすることで、身体のバランスを整え、私たちの身体に本来備わっている自然治癒力を取り戻していきます。ストレスからくる自律神経障害を緩和し、本来の「健康」という状態に身体をもどしていくのです。この身体のエネルギーの通り道をセンと言います。タイ古式の施術は、このセンに対して、指や手のひらなどでポイントを押したり、センのラインに沿って押す、あるいはストレッチでセンを伸ばすというようにアプローチしていきます。ほとんどの場合、受け手はその間とてもリラックスを感じています。センの経路を修復しながら、同時にリラックスすることで心身のストレスをが緩和されていくのです。

タイ古式マッサージの特徴

タイ古式の特徴は、人体に流れるエネルギーラインであるセンを刺激することにあります。センを刺激する事で、センの周辺に集中する神経や血管が刺激され、リンパ球の活性と、身体の痛みの緩和・血液の流れの促進・人間が持つ、自然治癒能力・免疫力を高めるなどの効果があるとされています。タイマッサージは、全身を根本から改善する事により、自律神経を整え、脳波がα波(快楽ホルモン)になり、心身ともに深いリラックス状態になります。また、リンパや血液の流れを良くし(デトックス効果)新陳代謝を上げる事により、ダイエット効果も期待できます。運動不足ぎみの方には特にお勧めです。

タイ古式マッサージの主な7つの効果

  1. 緊張を解す
  2. ストレスの解消
  3. 筋肉から乳酸(筋肉痛の元となる物質)を取り除く
  4. 筋肉の凝りや痛みの解消
  5. 手足の冷えの改善(血液やリンパ液の流れを改善する)
  6. 関節の稼動域を増やす
  7. 心身をリラックスさせる

タイ古式マッサージのその他の効果

タイ古式は、部分的ではなく、大きな血管の多い下半身を中心に施術を行うことで全身の血液・リンパ液の流れを良くし、いわゆる自然治癒力を高めることで、体調を 整え、体質を改善していく療法です。
タイにおいては通常2時間程度ゆったりと時間をかけて施術を行います。頭頂部から足裏までまんべんなく揉みほぐしマッサージを行います。マッサージは継続的に行うことでより良い効果が期待できるのです。 また、時間をかけることで、体だけではなく心に対するリラックス効果もとても高く、ストレス解消という面にもぴったりのリラクゼーションです。

その他、全身の筋肉を揉みほぐすことで、停滞している老廃物を取り除くことができ、筋肉の硬直化を防いで、アンチエイジング効果が期待できるといわれています。さらに体を揉みほぐすことによる血行改善効果により、ダイエット効果の恩恵にも授かれます。
リラクゼーション効果と共に、ダイエット・アンチエイジング効果をあわせて期待できるのは、まさに考えつくされた伝統技術だからだといえます。

タイ古式マッサージの作用原理

身体のエネルギーライン:センプラターン

タイ古式は、筋肉や骨格といった身体の構造にアプローチするというよりは、身体のエネルギーラインである「セン」(あるいはセンプラターン)に働きかける施術になります。タイ伝統医学では、宇宙を構成する5要素(地・水・火・風・空)の考え方を基礎として、生物にだけある3つのドーシャ(ピッタ・カパ・ヴァータ)という性質をベースにヒーリングの理論が組み立てられています。その中でも身体の動きや生命力を維持することに関係する5要素の中の「風の要素」、ドーシャで言うところの「ヴァータ」を重要視しています。このヴァータは身体を流れるエネルギーの動きそのものであり、エネルギー自体はプラーナと呼ばれています。そして、このプラーナが流れている身体のラインが「セン」なのです。センは身体に72000本あると言われています。タイ古式ではその主要なラインを10本として、それぞれの経路を活性化させることで、身体の機能を回復させていくアプローチをとっています。

タイ古式マッサージのシステム

タイ古式マッサージ セン(エナジーライン)という考え方

タイ古式マッサージは「※セン(エナジーライン)」という考え方の上に成り立っています。「セン」には生命維持に必要なエネルギー(プラナ)が流れています。

古代の修行者が修行の中で、その経験と結果により感受出来た経路を「セン」としてまとめたものです。 このセンは目に見えないもので、解剖学上確かめることはできません。
しかしその「セン」をマッサージすることにより、効果があることが経験上確認されています。 「セン」は身体に72,000本あり、その中の10本が全ての「セン」の基礎となります。 そのうち6本が足にあります。

漢方医学や日本の指圧などのように各器官のをツボ(経絡)を指などで点で取ってする処方とは違いこの「セン(エナジーライン)」に沿って指や手のひら、肘、足などを使い面で圧をかけたり、もみほぐしたり、ストレッチで刺激していくのがタイ古式マッサージの特徴です。

タイ古式マッサージのストレッチ効果

タイ古式マッサージは、別名「2人で行うヨガ」とも表現されており、随所にヨガの要素が取り入られています。 施術者が全身を使って受け手をストレッチングさせたり、整体矯正の姿勢に導いたりします。受け手は施術者の要求に応じてバランスをとって頂きます。
と言っても全然難しくありません施術者のなすがままになりストレッチの姿勢が崩れないようにしているだけで良いのです。 普段、ストレッチをしたこと無い体の部位がストレッチされますので、見た目には少し痛そうにも感じられるかもしれませんが、実際に受けてみると、心地良いものです。

タイ古式マッサージのスタイル

今日では、タイの至る所で色んなスタイルのタイ古式マッサージに出会うことが出来ます。
チェンマイを中心に盛んに行われているチェンマイスタイル(当店ではこう呼んでいます)は、その代表格です。
揉みほぐし系の技法が多いワットポースタイルに比べ、ストレッチ系の技法が多いのがチェンマイスタイルの特徴といえます。
チェンマイスタイルは、元々の本流が王室や寺院からなので「※セン」の取り方などは、ワットポースタイルと基本的に同じです。
その他に、「ヌアッド・ペン・タイ」や数種のスタイルのマッサージがタイ古式マッサージとして行われております。
タイ古式マッサージそれは、長い歴史によって育まれた人の知恵の結晶です!

タイ古式マッサージの方法

タイ古式マッサージの方法はセン(エナジーライン)に沿って行う

特に重要とされる10本の主センを基本とした施術を行いますが、そのうち6本が足に集中しているためセンの流れに沿って通常マッサージは足から頭まで、全て下半身から上半身に向けて行います。
体全体の中では、特に足が重要視され、足からすね、腰部にマッサージ時間のおよそ六割をかけ、残りの時間が上半身のマッサージになります。

タイ古式マッサージ - 施術のやり方

ストレッチを織り交ぜながら、両手や指で指圧するだけではなく、親指と残りの四本の指で揉むようにほどこしたり、手のひらでなでたり、摘んだりと体 の部署やセンによって、いろいろな手法をとります。
腰、背中等は、拳や肘を利用してセンを押したりして、全身を揉みほぐし、柔らかくすることで、全身の細胞までが刺激され、筋肉の緊張や疲れによる各間接などの炎症なども良くなります。
また、血液の循環もそくし、体の各器官が活発に動き出しますから、終えた後の快感は素晴らしく、やがて心地の良い 解放感に変わります。

タイ古式マッサージを受ける前に注意すること

タイ古式マッサージを堪能して頂くために

動きやすい服装で施術を受けるようにします。
厚手の衣服、例えばジーンズなどははマッサージの時に皮膚が 炎症をおこす可能性ががあるのでできるだけ柔らかい生地のものを着用するようにします。 タイマッサージは、ヨガやストレッチ系の要素が多く含まれておりますので、 施術を受ける側も体勢のバランスが要求されます。
要求されるとしても難しいことではないので以下のことに気をつけてみましょう。
脱力してゆったりリラックスして、マッサージ師に身をまかせされるがままになるようにすれば大丈夫です。 それからマッサージが痛いときや弱いときは、マッサージ師に相談すればマッサージ師が調整してくれます。 厚手の衣服を着ていてもマッサージ用のズボンなどを貸してくれるマッサージ店は多いです。 こんな方はタイ古式マッサージを受けられません

注)該当する項目が有る方は、タイ古式マッサージを受けられません。

  • 重大な疾患により医師の治療を受けている方や体に異常を感じている方
  • 悪性の腫瘍のある方
  • 心臓に障害のある方(特にペースメーカーなどを使用している方)
  • 痛風・リュウマチの方
  • 静脈瘤のある方
  • 過去の事故や疾病等により背骨に異常のある方や、背骨が曲がっている方
  • 骨粗しょう症の方
  • 急性症状のある方
  • 重度の血行障害のある方
  • 伝染病のある方
  • 脳に異常があると医師に診断された方
  • 呼吸器系・循環器系に異常のある方
  • ひどい水虫の方や足に炎症をきたしている方
  • 食事をされた直後の方
  • 泥酔状態の方

※上記に該当しないが気になる方は、マッサージの前にご相談下さい