タイ古式マッサージとは

タイ古式マッサージとは

タイ古式マッサージについて

タイ古式マッサージは、頭の先からつま先まで全身くまなくマッサージを行うヨガ・指圧・整体などの流れを受けているタイの伝統医学のマッサージです。歴史は古く約 2500 年前に仏教とともにタイに伝わり受け継がれています。

タイ古式マッサージの施術方法

タイ古式マッサージは手の平、肘、膝、足など体のさまざまな部分を利用して筋肉を刺激してマッサージを行います。タイ古式マッサージはセンと呼ばれる人体を流れるエネルギーラインをゆったりとしたリズムで刺激し、こり固まった筋肉をゆるめることで血流が促され、自律神経のバランスを整えて人間が本来持っている免疫力や自然治癒能力を高める効果を得られます。またストレッチを行いながら体をほぐしていくのもタイ古式マッサージの特徴でストレッチを行い柔軟性を高めることで疲れがたまりにくい体になっていきます。

タイ古式マッサージと他のマッサージとの違い

普通のマッサージだとこっている部分だけをほぐすので、ほぐされた筋肉が元に戻ろうとする影響でマッサージの後や翌日にもみ返しのようなだるさや痛みが出てきます。タイ古式マッサージは全身の筋肉をストレッチで伸ばしながらこっている箇所をほぐしていきます。ゆっくりとほぐれた筋肉は、ゆっくり元に戻っていくので、もみ返しも起こりにくく、効果も持続することになります。

タイ古式マッサージの施術時間

タイ古式マッサージの本場タイでは2時間以上かけてゆっくりと施術を行うのが一般的です。タイ古式マッサージはゆっくりと施術を行うので痛みを感じることが少なく眠りに落ちるようなリラクゼーション効果があります。

タイ古式マッサージの効果

血液の循環が悪くなっている場合は痛みを感じる場合もありますが、老廃物を代謝させることでむくみやだるさがとれて施術効果が現れてきます。
血流を改善して自然治癒能力を高めることもタイ古式マッサージの特長です。
また繰り返し続けていくことで基礎代謝も上がり、だんだんと疲れにくい身体になっていきます。

こりの要因は身体が硬くなり、血流が鈍くなっていることが原因です。身体が硬いということは筋肉が硬くなっているということです。筋肉が硬くなると体内の圧力が高くなり血流を圧迫するので血液が滞りやすくなります。血液が滞ると酸素不足が起こり、筋肉を緩めるためのエネルギーが足りなくなるのでで筋肉が緩みにくくなります。酸素不足になると周囲の細胞から痛み物質が分泌されて脳に酸素不足の情報を伝達します。
タイ古式マッサージは筋肉の緊張を取り除くので、筋肉の柔軟性を高めて血流が促進され酸素不足が解消されることで痛みやコリが解消されるという流れになっています。

タイ古式マッサージ施術時の注意事項

注意事項として食後や妊娠中はマッサージを受けないようにします。
食事の直後は消化を助けるために全身の血液が胃や腸に集まりますが、この状況で施術を受けてしまうと血流は改善されますが、胃や腸に集まった血液が分散されてしまい、消化吸収が妨げられてしまうことになります。またタイ古式マッサージではうつ伏せ寝で上半身を押すような手技もあるので食事の後の施術は避けた方が良いです。妊娠中については足裏には子宮を収縮させるツボなどがあるといわれているので避けた方が賢明です。

タイ古式マッサージの特長

タイ古式マッサージは無理な体勢をしたり、アクロバティックなイメージを持垂れている方もいますが、痛みを伴ったり、無理な姿勢を強いたりするマッサージではありません。これ以上ないくらいの心地よさを味わいながら体質も改善してコリのたまりにくい体質への変化が期待できます。

たった1回の施術でも全身がふわふわと軽くなり、揉み返しもなく効果が長続きする、そんな施術も可能です。タイ古式マッサージの素晴らしさはうっかり眠ってしまうほど気持ちいいのに根本的な体質改善をうながして、人が本来もっている健康的な美しさを取り戻すことができるということです。
なぜそんなに気持ち良いのかといえば、ゆっくりとしたリズムの指圧と身体をのばしてくれるストレッチの組み合わせが絶妙だからです。

タイ古式マッサージは足から丁寧にゆっくりとはじめる指圧で足にあるたくさんの筋肉をほぐし、からだ全体がじんわりと温まってきて、心地よい感覚になっていきます。丁寧ゆっくり施術をはじめることが、次の日のもみ返しが少ない原因でもあるようです。

そのあと身体が少しほぐれたところでストレッチをしていきますが、セラピストがからだの状態や関節の硬さなどを見極めながら、適切な強さでのばしてくれますので、流れにまかせ一人では伸ばしきれない部分も伸ばしてくれるので効果が長続きします。

タイ古式マッサージの種類

タイ古式マッサージには、大きく分けてワットポー式とチェンマイ式と呼ばれる2種類のスタイルがあります。ワットポー式は、指圧がメインで、グイグイと押していきストレッチを少し付け加える、というイメージです。チェンマイ式も指圧を行ないますが、手のひらを使ったやさしい圧迫と、多彩なストレッチを組み合わせて、丁寧に施術をするのが特徴です。

日本にあるほとんどのタイ古式マッサージのお店ではワットポー式を採用していて、テレビでタイ古式マッサージが特集されるときは、たいてい派手な演出がされるので、痛そうでアクロバティックなイメージがありますが、タイ古式マッサージは本来とにかく凝っているところをグイグイと押す施術ではなく、からだ全体をトータルで考えて、本来の健康を取り戻すような施術を行なうことを目標としています。

Pagetop