タイ古式マッサージの効果について

タイ古式マッサージの効果について

タイ古式マッサージの効果

タイ古式マッサージは頭痛、腰痛、肩こり、生理痛、生理不順、喘息、高血圧、冷え症、便秘、アレルギーなど数十種類の症状に効果があるといわれています。タイマッサージには血流やリンパの流れを促し自律神経のバランスを整えて人が本来備えている免疫力や自然治癒力を高める効果があるので予防医学的な効果も期待できます。定期的に受けることで身体のゆがみを整え、身体の柔軟性を高めることで疲れにくい身体を作る効果もあります。

タイ古式マッサージの効能

タイ古式マッサージの効能は、ストレスの緩和など精神的な部分にも影響があります。現代のようなストレス社会においては、さまざまな病気がストレスを原因として発生しそのストレス性疾患には、胃潰瘍、潰瘍性大腸炎、過敏性大腸炎、うつ病、自律神経失調症、更年期障害、偏頭痛、不眠症など、多くの疾患などがあります。タイマッサージのリラックス効果はストレスの軽減にも良い影響があります。

タイの保健省が公式に認める効能は、高血圧、冷え性、便秘、アレルギー、頭痛、糖尿病、生理不順、風邪の予防、低血圧、食欲不振、ぜんそく、貧血、老化防止、ストレス解消、など60種類以上にもおよびます。

体の凝りや疲れを癒すだけではなく、血液とリンパの循環を促進することで根本的な体質改善をおこなう療法で、血行を良くすると全身の血液の循環、毛細血管の血流が促進されて筋肉の緊張をやわらげ弾力性を向上させます。また自然治癒力向上により損傷部の鎮痛、修復を促します、関節についても可動域が拡大し、新陳代謝が盛んになり、皮膚呼吸も活発化します。血行がよくなると心臓の負担も軽くなり、細胞への酵素や栄養供給が向上します。

新陳代謝が良くなると老廃物・痛みの原因となる疲労物質や発痛物質などを回収するので疲労回復や疲れにくい身体になります。