タイ古式マッサージの歴史

タイマッサージの歴史

タイ古式マッサージの歴史について

タイ古式マッサージは、約2,500年の歴史があります。創始者は、インドのシヴァカ・ゴーマラバット師とされてて彼は仏陀とも交流があり、サンガと呼ばれる仏教僧の集団の筆頭医師として活躍をしていました。仏教医学は、仏教の伝来と共にタイに伝わり、中国医学を吸収してタイ伝統医学として確立されワットと呼ばれる庶民のコミュニケーションの中心地で、病院の役割を果たすこともある寺院で、奉仕活動の一環として、体調や身体の悪い人たちに無償で施術されていました。
ワットは当時の人々の社会生活の中心で、伝統的なタイマッサージは、数百年も前から病気の治療法として臨床的に実践されていて古代インドや中国の影響を強く受けながら長い年月をかけ母から子、師匠から弟子たちへと口頭で伝えられてきました。ワットは仏教の教えを学ぶ場でもありタイマッサージを学ぶ場でもありました。病気の家族を手当てするために、人々は僧侶にマッサージの手法を相談して治療を行ったりしながら、仏教と深い関係を持ちつつ発展してきました。マッサージ前に合掌を行い健康と幸せに祈りを捧げますが、これが寺院で発展を遂げた名残でもあります。タイマッサージはただ気持が良くリラックスをして健康になるだけではなく相手を思いやるという仏教の教えも一緒に伝えられています。

Pagetop